PR
衝撃事件

ススキノ事件の犯人は女装癖「愛か狂気か頭部を持ち去った謎」札幌市

衝撃事件
記事内に広告が含まれています。

2023年7月2日、北海道札幌市の繁華街にあるススキノのホテルで、首が切断された状態で男性の遺体が発見されました。被害者男性は、恵庭市の会社員である浦仁志さん(62)。犯人は誰なのか?なぜ首をだけを持って行ったのか?調査してみました。

すすきのホテル首持ち去り事件の犯人は男?「女装か」

すすきのホテルで被害者である浦仁志さんの首を切断し持ち去った犯人が男なのか、女なのかまだ性別に関する情報や顔写真も公開されていません。

しかし、防犯カメラの映像やフロントに「1人で先に出ます」と連絡があった際は、女性のような声だったと報じられていました。

犯人は全身黒尽くめの怪しめな雰囲気

報道されている犯人の特徴は以下になります。

体格:小柄
服装:女性のような衣服 入室時・退室時異なる衣服
帽子:つばが大きい・深くかぶる
スーツケース:大型・黒っぽい

犯人がホテルを出た時の防犯カメラの映像です。年齢は45~70歳、身長は160~170cmとのこと。

大型の黒いスーツケースに、リュックサック、つばの大きな帽子、金髪で肩くらいの長さと、全身黒尽くめの怪しい雰囲気ですね。犯人は頭部の他に、浦仁志さんの服、所持品含め全て持ち去ったようで、被害者の手がかりとなるようなものは身体と指紋しか無かったとのことです。

帽子は目深に被り下を向きながら歩いていたことから、顔がはっきりと分かりません。また、浦仁志さんの腕には自分を守るための防御創もなく、室内にも争った形跡もなかったとのこと。

犯人はディスコファンで女装癖があったのか

小柄で女性のように見えますが、3時間で人を殺害して頭部を切断するのは女性には不可能ではないかとネットでは騒がれていました。そのため、女装した男性ではないかと言われています。また、成人男性の頭の重さは約4~6kgあり、女性が持ち去るのは一苦労だとも思われます。

以下Twitterに上がっていた浦仁志さんと犯人を知っているような方の投稿です。

すすきのの殺人事件の被害者の方、心よりご冥福をお祈りします。この方バイク乗っていたような~。犯人ですが警察は恐らくあたりをつけています。マスコミも容疑者と思われるTwitterのアカウントに取材の申込みをしています。
北海道の方ではないディスコファンでズバリ女装癖があるのか男です

男性である確証はありませんが、ディスコファンで女装癖のある男性であると断言されています。

ススキノのホテル事件の犯人はディスコファン

報道によると、浦仁志さんは事件当日、家族には行き先を告げないまま札幌市で開催されていたディスコイベントに参加されていたことが分かりました。

報道から、札幌市中央区南にあるジャズマックプラザホテルで開催されていた「DISCO2023」とのことです。

イベントに参加されていた男性によると、浦仁志さんは普段は大人しい方のようで、無理に人に絡んだりすることはない方ようです。しかし、イベントでは雰囲気が変わり、仮装に着替えると人とコミュニケーションをよくとっており、目立っていたといいます。

また、ススキノのナイトクラブにもよく顔を出していたようで、その中で犯人と知り合ったのでしょうか。

以下Twitterから、浦仁志さんと犯人を知っていると思われる人物の投稿です。

追記 あくまでも推測ですが、浦さんにそういう癖が無いのであれば犯人とはイベント仲間という関係だけなのでは。本州の人間ではと記載しましたが道内かもしれません。容疑者になるかもしれないこの男は全国のディスコイベントをアップしてたので。とすれば金品が目的だったのでは。早い逮捕を願います

容疑者と思われる人物はまずは参考人として任意で聴取だと思われます。この人物と浦さんは同じアカウントの番号違いです。この人物は全国のディスコイベントに女装をして現れているようで金品目的の犯罪ではないかと勝手に推測しています。

犯人は全国のディスコイベントに女装して参加しては、イベントの様子をSNSにアップしていたということです。やはりその中で浦仁志さんと出会い、イベント仲間として関係を深めていったのでしょうか。

ススキノのホテル殺人事件の犯人の目的は?「歪んだ愛情か」

ニュースで専門家の方が、首を切断する持ち去るといった行為について、並大抵の精神では不可能だと言っていました。全くその通りだと思います。

お持ち帰りしたんだろうな


阿部定か・・・

令和の阿部定か

ネット上でこのような投稿を見つけました。阿部定事件とは…。

1936年5月18日、東京都荒川区で起こった男性なら誰でも悲鳴を上げるような事件。とあるホテルの一室で、被害者である石田吉蔵さんの遺体が発見されました。

死因は首を締められたことによる窒息死、遺体の左腕には「定」という文字が刃物で刻まれ、太ももには血の文字で「定吉二人キリ」というメッセージが残されていました。

警察の捜査により逮捕されたのは、石田吉蔵さんの愛人である阿部定という女性。この女性、逃亡中に被害男性の切り取った局部を大切に持ち歩いていたという衝撃的な事実。後の供述で、彼女は”愛する人の大事な部分を他人に触れさせたくない”という理由で切断したとのこと。歪んだ愛情でした。

今回の札幌市で起きたススキノ事件も、もしかすると、歪んだ愛情が生んだ悲惨な事件だった可能性もあります。

ススキノ事件の犯人が首を持ち去った謎「狂気的な思考」

首の断面をじっくり見たい

このような狂気的な思考の可能性もあります。狂気的な事件といえば、神戸連続児童殺傷事件が頭をよぎりました。

1997年5月27日早朝、神戸市の某中学校の正門に切断された男児の頭部が置いてあったというショッキングな事件です。同月24日から行方不明となっていた11歳の男児の頭部で耳を切り裂かれ、口内に「酒鬼薔薇聖斗」という名の犯行声明文が挟まれていたということです。

逮捕されたのは、当時中学2年生である14歳の少年です。首を切断もショッキングですが、犯人がまさかの14歳の少年という事実もかなり衝撃的です。少年は「人を○してみたい」という発言をしていたとのこと。

今回の事件とは違い、頭部を放置しておくという事件ですが、その残虐さと狂気的な思考から世の中を震撼させました。

やはり、首を切断するといった行為は並大抵の精神状態ではできません。遺体を発見してしまうだけでも恐ろしいです。千葉切断遺体遺棄事件のような「霊媒師になるために食べるため」など特殊な理由もあげられます。

愛情だったのか、狂気的な思考だったのか定かではありませんが、このような事件が今後起きないことを願います。

【追記】すすきのホテル殺人事件「10日前には猫の頭部…」

【猫の死骸の放置事案について #東署】6月20日午後9時頃、札幌市東区北38条東20丁目の住宅街で、猫の頭部(死骸)が放置されていました。不審者を見かけたら安全な場所に避難して110番通報を!

地元メディアによると、6月20日の夜、ちょうど今回の事件が起こる10日ほど前に札幌市東区の住宅に猫の死骸の頭部だけが放置されていたそうです。誰が何のために頭部を切断したのかは不明ですが、警察は動物愛護法違反の疑いで捜査していました。

このような事件が立て続けに起きるなんてめったにないとのこと。すすきのホテルの事件と関連性があるのではないか?と話題となっています。同一犯だとすると、「最初は猫で…」などと考えていたのかもしれません。

酒鬼薔薇事件の犯人も、はじめは動物に対して残虐なことを行っていました。それでも満足できず、人を…といったことでしょうか。一日も早く犯人が捕まってくれることを祈ります。

【追記】すすきの事件の犯人の特徴「凶悪事件と精神疾患」

精神科医の先生がこの事件の犯人について解説されていました。犯人が捕まった際は必ず精神疾患が影響しているか鑑定を行います。凶悪事件と精神疾患は紐付けられがちとのこと。過去の凶悪殺人事件においても、一部精神疾患が認められたケースはたくさんあるようです。

※全ての精神疾患の方が凶悪な事件を起こすということではありません。

 

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=gHuM2hNbo70

このような事件の犯人の特徴としては、

・共感性の低さ
・虐待やいじめなどの暴力的背景
・ゲームなどの暴力的コンテンツ
・暴力的「実験」「予行」

共感性が低いということは、被害にあった人たちがどんな気持ちになるのか、その家族がどんな気持ちになるのか、といった想像する力が弱かったりするため、事件後にいろいろと問い詰めても、貧困な情報しか出てこないとのこと。

「傷つくかもしれませんね…」「嫌なんじゃないですか…」といった感じで即終了となってしまうということです。語彙力が少ないです。

また、幼少期に虐待やいじめなどの暴力的背景があったり、直前までゲームや漫画などの暴力的なコンテンツから影響をもらっていたり、人間で行う前に他の動物で「実験」や「予行」を行ったりするという特徴です。

他にも、薬物依存の影響も可能性としてはあげられるとのこと。「自分は追いかけられている」「責められている」「殺◯れる」などの被害妄想に支配され、犯行に及んでしまうといったことです。

儀式行為や証拠隠滅の可能性もあげられます。犯人の動機が何なのか、早く捕まって真相が判明してくれたらと思います。。

【追記】衝撃!札幌ホテル殺人事件犯人は親子「娘は潔癖症の変わり者」

2023年7月24日、札幌市のススキノのホテルで首を持ち去った犯人が逮捕されました。逮捕されたのは、田村瑠奈容疑者(29)と田村修容疑者(59)。犯人はまさかの親子でした。2人は共謀し、被害男性の遺体を損壊し、浴室に遺棄した疑いがかけられています。

札幌・すすきののホテルで首を切断された男性の遺体が見つかった事件で、捜査本部は24日、男性の知人の29歳の女と、女の父親で59歳の医師の男を死体損壊などの疑いで逮捕しました。

逮捕されたのは、札幌市厚別区の田村瑠奈(るな)容疑者(29)と、田村容疑者の父親で医師の田村修容疑者(59)です。

被害男性である浦仁志さんは妻と成人した子供がいたため、田村瑠奈容疑者と2人でホテルに入ったということは、不倫関係にあったと考えられます。週刊文春によると、浦仁志さんは「彼女なんです」とスマホの写真を見せ、彼女の存在がいることを知人に伝えていたようです。

浦仁志さんがスマホで見せてくれた写真には、見た目が20代から30代、目鼻立ちがハッキリとした、ハーフっぽい美女が写っていたとのこと。2人はクラブで知り合ったということです。

田村瑠奈容疑者はかなりの変わり者で潔癖症…

田村瑠奈容疑者の同級生に取材が殺到しているようで、どうやら「かなりの変わり者で髪が長く潔癖症」だったようです。

不倫関係で何かトラブルがあったとしたら、別れ話などが考えられますが、父親が出てくるほどです。田村瑠奈容疑者の父親である田村修容疑者の職業は精神科医で大きな豪邸に住んでいることが報道されていました。ネット上では金銭トラブルではないか?という声もありました。

「めっちゃ変わってた」娘に「精神科医」の父親。歪んだ愛情を持った娘のために手助けをした父親ということも考えられます。潔癖症なのに頭部を持ち運ぶというのが不思議でなりません。

【追記】浦仁志さんを殺害した動機「襲われた復讐」

田村瑠奈容疑者と父親の田村修容疑者が逮捕された翌日、母親である田村浩子容疑者(60)も事件に関与していたとして逮捕されました。「死体領得」といった珍しい罪名で逮捕された親子3人。

切断された頭部は自宅から発見されました。このような状況で母親が「知らない」で済む話ではありません。

田村瑠奈容疑者の祖父が集英社オンラインのインタビューで犯行動機について語られていました。

【田村瑠奈容疑者の祖父のインタビュー】

瑠奈は結婚もしたことないし、男が大っ嫌いなんさ。私が知る限り家族以外の男に気を許してるのを見たことないからな。そういう特殊な性格を持った子なんだ。そうだよ、瑠奈は襲われてるんだよ。相手が女の格好してたから瑠奈は女だと思ってたの。それで2人でいいところあるから行こうって言われてラブホテルに入って、入った途端に相手は男になったわけさ。出会ったのはカラオケなのかディスコなのか、そういうところだと聞いてます

集英社オンライン

どうやら田村瑠奈容疑者は男嫌いで家族以外の男性には気を許していないとのこと。浦仁志さんが女装していたことで女性だと信頼し、ホテルに連れて行かれ襲われたと言います。そのことを恨んでおり、犯行に至ったのではないかと証言されています。

Nikoをフォローする
Topic Mondo

コメント

タイトルとURLをコピーしました